異様なオーラを放ち始めたように思える具志堅君

先輩ボクシングS・フェザー級王座の12度目の防止にもう少し失敗した内山スポーツマンをみてると、13存続防止登録を持っ具志堅君の要人性がここへきて一層際立ってしまったような感じがしますが、黄金の強いオーラを放ちながら腕組みして仁王立ちする具志堅君の外見が見えるような気がします。
バトル目当てが想定していた王者ワークショップではなく、ほとんどすっとしない相手に急遽修正になってしまったからでしょうか、でも余裕の発展を期待していた追っかけにとっても内山スポーツマンのあっけないKO見逃しは意外だったはずです。
格下相手に何でそんなことになってしまったのかアンビリーバブルで仕方ありません。
内山スポーツマンにとって13度存続防止登録は越えられないほどの良いバリアではないと思っていたのでもっとです。
なにかここへきて異様な艶とオーラを放ち始めたように思える具志堅君を越える為に必要な何かが内山には不足していたのでしょうが、それが何なのかは知る由もありませんが、ただ言えるのは内山スポーツマンの後に、もはや一人具志堅越えを狙うスポーツマンがいる実態、そうしてそれが可能なのかは誰にもわからないということです。脱毛のキャンペーンを申し込みましょう